uroom 消毒液

uroomは消毒液も使えるの?|uroomの特徴と使い方

\公式サイト限定ケース付き/

 

 

今なら23%OFF

 

 

Uroom(ウルーム)は手のひらサイズの除菌スプレー機。

 

除菌効果の高い次亜塩素酸の除菌スプレーを簡単に持ち運ぶ事ができます。

 

カフェやホテルなど、外出先でも手軽に除菌できるのは安心できますよね。

 

そんなuroomでずか、一般的な除菌液や消毒液でも使えるのか気になりますよね。

 

でずか、残念ながらUroomで使えるのは

  • Uroom+
  • 水道水
  • ミネラルウオーター

のみです。

 

それ以外での故障などは保障期間であっても保障の対象外となってしまいます。

 

 

Uroomでは消毒液を使えない理由

 

Uroomで使えるの専用のUroom+とミネラルウォーターや水道水といった水だけです。

 

消毒液も同じような液体ですがなぜ使えないのでしょうか?

 

日本で消毒液といえるのはこの2つ

 

日本で消毒液と言えるのは

  • アルコール
  • 次亜塩素酸ナトリウム

この2つだけです。

 

なぜこの2つだけかというと、消毒液として認可を受けているのがこの2つだけだからです。

 

これは薬事法という法律の為に消毒液と言ってはいけないという事で、それ以外の物には効果がまったく無いという事ではありません。

 

 

Uroomに消毒液を使ってはいけない理由

 

Uroomに消毒液を使ってはいけないのば、

  • 故障の原因となる
  • 正しい取り扱いではない

という2点からです。

 

まず、故障の原因となるのは次亜塩素酸ナトリウムです。

 

Uroomは一般的なスプレーの1/4程度の微細なミストを作ります。

 

でずか、次亜塩素酸ナトリウムは水に比べて粘り気のある液体です。

 

Uroonは水のようにサラサラな液体をミストにするように作られているので故障の原因になります。

 

 

次にアルコールですが、これは正しく無い使い方となります。

 

Uroomは超音波を使用します。

 

超音波には液体の温度をあげる効果があります。

 

ですが、アルコールの温度をあげてしまうと可燃性のガスが発生したり、燃えやすくなります。

 

そのため、可燃性のある液体に超音波を使用する事は一般的には正しくない使い方です。

 

お酒等では超音波で熟成させる技術もありますが、これはアルコールの割合が低いためです。

 

消毒用のアルコール等はアルコールの比率が高いため危険な使い方になってしまいます。

 

 

Uroomの特徴と使い方

 

UroomはUroom+という次亜塩素酸水溶液を使用します。

 

次亜塩素酸水溶液は食品の除菌などに使われてきました。

 

次亜塩素酸ナトリウムやアルコールといった消毒液よりも体や衣類などにも優しい液体です。

 

 

次亜塩素酸ナトリウムは酸化(腐食)させる効果が高く金属やメラニン食器などには使えません。

 

アルコールも一部のプラスチックや革製品には使えない。

 

と、使いにくい所があります。

 

ですがUroom+でも使用されている次亜塩素酸水溶液は次亜塩素酸ナトリウムやアルコールといった消毒液よりも幅広くつかえます。

 

 

消毒液では使えなかった

  • 革製品
  • プラスチック

といった物に使えるので、外出先でも気軽に除菌する事ができます。

 

Uroomで使われている次亜塩素酸水は弱酸性で肌には優しい成分ですが、手や指・肌などには直接使用しないでください。

 

 

ですが、この次亜塩素酸水溶液にも欠点があります。

 

 

Uroom+で使われている次亜塩素酸水溶液は鮮度が命

 

手軽に除菌できる次亜塩素酸水溶液ですが、実は大きな欠点があります。

 

それは効果がだんだん薄れて行くこと。

 

次亜塩素酸水は

  • 紫外線
  • 湿度
  • 時間経過
  • 有機物との接触

といった原因で効果が薄れていきます。

 

しっかりとした効果を保つには新鮮な次亜塩素酸水を使う事が大切です。

 

 

除菌する為に必要な次亜塩素酸水の濃度

 

次亜塩素酸水でウィルスに対しての有効性は経済産業省から出されています。

 

基準としては
流水でかけ流す場合
有効塩素濃度 35ppm以上

 

拭き掃除に使うとき
有効塩素濃度 80ppm以上

 

となっています。

 

 

いつでも新鮮なUroom

 

Uroomはuroom+のサブスクリプション(定期購入)をしています。

 

Uroom+の鮮度を保つ為に

  • 注文を受けてから生産
  • 翌日までに発送

と鮮度にこだわっています。

 

市販の次亜塩素水素水では製造年月日を気にする必要がありますが、Uroom+の場合は作りたてです。

 

180mlと小分けのパウチになっているので短期間にムダ無く使い切る事ができます。

 

 

Uroomは企業でも導入

 

Uroomは企業でも導入されています。

 

導入されている企業はUroom公式サイトをご確認ください。

 

 

Uroom(ウルーム)公式サイトへ

 

 

まとめ

 

Urromで使えるのはUrrom+と水だけでした。

 

Uroomで除菌するのであれば、サブスクを利用するしかないようですね。

 

ですが、

  • 受注してから生産
日に発送

と次亜塩素酸水の効果が薄くならないサブスク(定期購入)になっています。

 

オフィスゆカフェなど外出先でも使いやすく、パソコンやバックなどの革製品にも手軽に使えるのはうれしいですよね。

 

Uroomが気になっ方はこちらから

 

 

\外出先でも気軽に除菌/

 

 

/今なら23%OFF\

 

 

 

 

 

 

 

 

page top